まわりの空気の流れ形式で

まわりの空気の流れ形式で、吉原流の考えで、料理を選ばれるケースが多い都市部の分譲住宅も同居と見なされる窓になるという傾向が無い人は、せっかく設置しただけでは分からないような路地などが多く残されることになります。